駐車場にかかわる法令

モータリゼーションの進んだ現代において、自動車そのものとともに、駐車場というものも、社会にとってなくてはならない存在となっています。

自走式駐車場情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

駐車場は、道路交通を円滑にするためのインフラの重要な要素ですので、道路上のパーキングメーターまでを含めて、法律によってさまざまな規制がかけられるとともに、あわせてその設置を後押しするような助成措置もとられているところです。このような関連の法律としては、道路交通法、都市計画法、建築基準法、道路法、消防法、自動車保管場所法などの数々のものが挙げられますが、そのなかでも重要なものとして、駐車場法とよばれるものがあります。

この法律では、商業地域などの交通が混雑することが見込まれている地域については、整備地区としてあらかじめ指定し、市町村の責務において、整備計画を策定することを定めています。

また、こうした整備地区などにおいて、延べ面積が2000平方メートル以上の一定規模の建築物を建築する場合については、条例によって、駐車場を設置するように義務付けることもできるとしています。

このような規定によって、現在では多くの市町村で条例が制定され、整然とした自動車交通が維持されるようになっています。



さらに、実際に設置する場合の技術的な基準などについても、法律よりも下位にあたる政令や省令、その他の通達などによって定められているため、全国的にも一定のクオリティを保つことができるようになっているのです。