駐車場に無断駐車している人から罰金は取れるのか

月極駐車場などでよく、「無断駐車は一万円を申し受けます」といった看板を目にします。

自走式駐車場を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

もし、無断駐車をしている車があった場合、本当に一万円を請求できるのでしょうか。
実は、実際に請求できる金額は駐車料程度なのです。


無断駐車というのは、法律的に見ても他人の土地を侵害する不法行為ですから、違反者に対して不当利益の返還を求めることができます。

しかし、「一万円を申し受けます」という看板を設置していても違反者は一万円を全額支払わなければならないということにはなりません。
看板は、請求額を警告しているだけだからです。


裁判を起こすことも可能ですが、損害額が裁判費用に見合わないというケースがほとんどのようです。



いつ頃からその月極駐車場に無断駐車していたのか目撃者がいれば、適正な駐車料を請求することができます。
また、「契約者以外立ち入り禁止」の看板を立てておくと、月極駐車場を契約している契約者以外の人が立ち入った場合、軽犯罪法違反で告訴することができるようになります。
この方法だと、有利に示談を進めることができます。スーパーやコンビニエンスストアの来店者用駐車場への無断駐車は、他の来店者の駐車を妨げる行為となり、業務妨害に当たります。



そのため、運転者を特定することができれば告訴することが可能です。

しかし、トラブルによって嫌がらせや逆恨みなどの被害も多いため、できるだけ穏便な手段で解決できるようにしたいものです。